情報公開方針

株主・投資家の皆さまへ、正確な情報を迅速・公平にお知らせすることが情報公開の基本方針です。

1. 基本方針

ジャパン・フード&リカー・アライアンス株式会社(以下「当社」と言います。)は、株主・投資家の皆さまに、当社に対して正しい理解、評価と信頼をいただけるよう「正確」な情報を「迅速」かつ「公平」にお知らせすることを基本方針として、IR活動・ディスクロージャー(情報公開)を行います。

2. 情報開示の基準

当社は株主・投資家の皆さまの投資判断に影響を与える決定事項、発生事項、決算に関する情報等が発生した場合、金融商品取引法および東京証券取引所が定める適時開示規則等に基づく情報開示を行います。また、適時開示規則等に該当しない情報であっても、株主・投資家の皆さまに当社をご理解いただくために必要と判断される情報につきましては、公平性、継続性に留意し、迅速な情報開示に努めます。

3. 情報開示の方法

適時開示規則等が定める重要事実に該当する情報の開示は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム (TDnet) を通じて行っております。また、TDnetを通じて公開した情報については、TDnetへの公開後できるだけ速やかに本ホームページに掲載するよう努めます。

4. 将来の見通しに関する事項

当社が開示する情報のなかには、当社および当社グループの将来の計画や戦略、業績に関する予想及び見通しに関する記述が含まれている場合があります。これらの記述は、過去の事実ではなく、当社が現時点で把握可能な情報から判断した仮定及び所信に基づく見込みです。また、これらは経済動向、食品業界における激しい競争、市場需要、為替レート、税制、法律や諸制度等に関するリスクや不確実性を際限なく含んでいます。それゆえ、実際の業績とは異なる可能性や予告なしに計画の見直しを行う可能性があることをご承知おき願います。

5. サイレントピリオド(沈黙期間)

当社は決算情報(四半期決算情報を含む)の漏洩を防ぎ、かつ情報開示の公平性を確保する観点から、決算(四半期決算)期末日の翌日から各決算発表日までを沈黙期間と定めております。この期間中は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、この期間中に業績予想が大きく変動する見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い、適宜公表することとしております。

企業情報
ニュース
IR情報
採用情報